ABOUT

国産食材にこだわり続けてきた、パドゥドゥのお菓子。
作り手の想いを大切に、完全予約制でひとつひとつ丁寧にお届けします。

STORY

2020年に創業35年を迎えたパドゥドゥ。その始まりは、1985年までさかのぼります。
“地域のかたに喜んでもらえるような洋菓子店”を作ろうと、スタートした店作り。先代が最初にしたことは、“本場のおいしさ”を学ぶために、お菓子の本場であるスイス、オーストリア、ドイツへ修行のための渡欧でした。
そこで、人々に長く愛され続けるお菓子に触れ、食材の大切さを学び帰国。本格的な開店準備が始まり、こだわりと同時に苦労したのは、材料調達でした。国産小麦や北海道産の生乳から作られるよつ葉バターを使った無添加のお菓子作りを目指すものの、当時はまだ国産小麦もオーガニックという言葉も珍しい時代。納得いく材料を求めて、自然食料品店を探し回りました。

そしてついに「パドゥドゥ洋菓子店」がオープン。当時を知るお客様の話によると、ヨーロッパの香りがする、とてもおしゃれなお店だったそうです。

その後、地域の皆さんに愛され、2010年にカフェをオープン。同時に、コンセプトを“ちいさな森”に掲げ、国産にこだわり、顔の見える農家さんから仕入れることを徹底。2015年には、空き地となった隣の土地を購入。防腐剤などを使用していない枕木を敷き詰め、どんぐりから育てた苗木を植えるなど、森づくりがスタート。春には新しく葉が芽吹き、鳥や蝶々、近所のねこなど、お店の周りに小さな自然を感じることができるようになりました。

2017年、創業よりお店を守ってきた先代が退き、娘である二代目に引き継がれました。そして2020年9月、実店舗をクローズし、完全予約制の「パドゥドゥ ファクトリー」がオープン。

創業35年。世代が替わっても、創業当時より受け継がれてきた、パドゥドゥの柱「安全で厳選した国産の食材でのお菓子づくり」を守りながら、これからもみなさまに愛され続けるおいしいお菓子をお届けして参りたいと思います。

大切にしていること

作り手の想いを大切に
おいしいお菓子をみなさまのもとへ。

パドゥドゥのお菓子はみなさまのもとにおいしく安全にお届けするために、農家からお分けいただいた国産の材料から作られます。

農家のみなさんのご苦労や想い、ひとつひとつに心を込めて作るパティシエの想い。わたしたちはお菓子づくりに関わるたくさんの方の想いを大切に、できたてのおいしいお菓子をみなさまのもとへお届けしたいと思います。

創業以来、こだわり続けている
「材料」のこと。

パドゥドゥのすべてのお菓子は、国産の食材から作られています。
安全であること、そしておいしいことが食材選びのポイントです。

例えば、お菓子の基本となる材料の「卵」は島根県木次乳業の平飼い有精卵。自然に近い環境の中でストレスなく育てられた鶏たちの産む卵は、化学飼料、着色料を使っていないため、黄身の色が自然な黄色が特徴です。
デコレーションに欠かせない「生クリーム」は、北海道十勝の生乳からつくられた純乳脂肪の、北海道よつ葉乳業の純生クリーム。保存料や安定剤を一切使用していないため、取り扱いが難しい面もありますが、クリーム本来の風味が味わえます。
ケーキを彩る「フルーツ」も、農家から直接分けていただいた旬のものを使用。1年中出回るフルーツに比べ、おいしい時期は短く、希少なものもありますが、季節ごとの味わいをお楽しみいただけます。
パドゥドゥで一番人気のモンブランの主役である「栗」は、愛媛県奥伊予にある城川自然農場さんの貴重な栗を分けていただいています。

ほかにもこだわりの材料はたくさん。パドゥドゥのお菓子のおいしさは食材のおいしさ。レシピの考案も食材からヒントを得て生まれることもあり、食材そのものを生かすようなお菓子ばかりです。

PAGE TOP